【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

インバウンド・地域活性 ものづくり

松場大吉氏(石見銀山生活文化研究所 代表取締役会長)
松場大吉氏(石見銀山生活文化研究所 代表取締役会長) 全 9 枚 拡大写真
 島根県大田市大森町といえば世界遺産となった石見銀山が有名だ。さぞかし観光地化が進んでいると思って訪れると、その予想は良い意味で裏切られる。ビジターセンターなどは整備されているものの、昔ながらの風情を多く残す閑静な集落のたたずまいに、だれもが懐かしさを感じるだろう。

 今回取材した「石見銀山生活文化研究所」は、大森町に拠点をおく会社だ。「群言堂」という自然素材にこだわったファッションブランドで知っている人もいるかもしれない。石見銀山生活文化研究所の設立は1998年となっているが、松場大吉氏(石見銀山生活文化研究所 代表取締役会長)がパッチワークや衣類、雑貨などの製造・販売をはじめたのは、1980年代までさかのぼることができる。名古屋で繊維・衣料品ビジネスを学んだ松場氏が、故郷である大森町で始めた事業である。

■名古屋の中堅メーカーで修行
 松場氏は、お菓子メーカー勤務を経て、小さい衣料品メーカーを立ち上げていた。取引先には、パッチワークや布製品で有名だった名古屋の中堅メーカーがあり、その会社ブランドの製品の多くを手がけていた。事業はうまくいっており、ビジネスやマネジメントに関する経験・知見を積み重ねていった。と同時に松場氏は、大量に生産される製品、そしてそれらが消費されるという現実に疑問も感じていたという。工場で大量にものを作っている反面、パッチワークが本来持つ手作りの意味、手作りならでは愛着も大事にしたいという想いも膨らんでいった。

 生家では長男であった松場氏は、いずれ実家に帰ることを考えており、1981年に故郷大森町に戻り、オリジナルパッチワークの事業を始めた。当時は法人化さえせず、個人経営で文字通り手作り製品を販売していた。主な販路は、露店、デパートのイベント、病院内でワゴン販売なども行っていたという。正直なところ、地方での事業、しかも地元の特産品や観光などとも直接関係のないパッチワークということで、この時代は苦労も多かったはずだ。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る