NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

海外進出 アジア

関連画像
関連画像 全 1 枚 拡大写真
マレーシアの情報網強化へ
NECは、マレー半島とボルネオ島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト SKR1M(Sistem Kabel Rakyat 1 Malaysia)を受注したと発表した。

同ケーブルは、マレー半島とボルネオ島のメルシン、クチン、ビントゥル、ミリ、コタキナバル、チェラティンの各都市を結ぶ総延長距離約3,700kmの光海底ケーブルだ。

現在マレーシアでは、政府主導で国内情報網強化を推進しており、同ケーブルはその一環として建設される。SKR1Mプロジェクトは、情報化を加速させる通信基盤として期待されており、マレーシア国内の通信を拡大させ、よりスムーズなインターネット通信を可能にするだろう。

最先端の技術力評価か
今回の建設請負契約は、マレーシアの大手通信事業者テレコム、およびタイムドットコムの完全子会社ティティドットコムとNECとの間で締結された。NECは、過去40年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛けており、のべ20万kmを超える敷設実績がある。

同ケーブルは、最新の光波長多重方式に対応しており、NECでは今回の契約について、これまでの実績に加え、最先端の技術力、およびプロジェクト遂行力が高く評価されたと考えている。

特に、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルは、NECの子会社であるOCCが、日本で唯一製造可能な企業として担当する。

(画像はプレスリリースより)

《マレーシアニュース》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る