【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

インバウンド・地域活性 ものづくり

桂由美氏がデザインした、重さ600グラムのドレス
桂由美氏がデザインした、重さ600グラムのドレス 全 4 枚 拡大写真
 純白な光沢により、かつて東洋一と称された“川俣シルク”。その生産地から2012年、世界一薄く、そして軽いシルク「フェアリー・フェザー」が誕生した。生みの親は福島県伊達郡川俣町に本社工場を持つ齋栄織物。同年には日本ものづくり大賞の内閣総理大臣賞を受賞している。

 しかし、川俣町では今、安価な輸入品の台頭などによって、絹織物産業が衰退しつつあるという。かつては400社を数えた絹織物業者も、その数はおよそ1/10まで減少。薄手の仕上げを特徴とする川俣シルクが主力としていたスカーフも、その生産量は年々減少している。

 このままでは川俣シルクの未来はない。そう危機感を覚えた齋栄織物3代目の齋藤栄太氏が中心となり、世界一薄く、そして軽いシルクへの挑戦は始まった。

■独自の先染織物でブライダル市場を開拓

 齋栄織物の操業は1852年。かつては横浜シルクの名前で貿易商を営んでいたという。その頃は”横浜スカーフ”が世界に名だたるブランドとなっており、川俣町で作られたシルクの大半が、スカーフに姿を変えて海外へと輸出されていた。

 ただ、昭和初期まで国内で生産された生糸の多くは海外に輸出され、外貨を稼ぐために利用されていたという。そのため、生糸には高い値が付き、京都や丹後、福井といった大規模な絹織物の産地でしか入手が困難になっていく。川俣町についても規模がさほど大きくないため、生糸の仕入れられる量には限りがあった。そこで生み出されたのが、薄手の織物を作る技術だったという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 続きを読む

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る