【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(1)

インバウンド・地域活性 ものづくり

相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏
相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏 全 5 枚 拡大写真
 14年8月30日、第25回神戸コレクションが開催。日本最大級のファッションショーと呼ばれるこのイベントで、ランウェイを歩くモデルが手にしていたのは豆腐だった。ショーで豆腐の新商品をデビューさせる――。前代未聞のチャレンジを行ったのは、群馬県に本社工場を持つ相模屋食料株式会社。26年度には売上178億円を記録した、業界最大手の豆腐メーカーだ。

 その後、「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」は、翌月7日の東京ランウェイにも登場し、会場の女性から喝采を浴びた。新開発のUSS製法による豆乳クリームを使用したことで、15年にはものづくり日本大賞を受賞している。

 製品を開発したのは、相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏。社長自らが企画し、開発からプロモーションまでを手掛けたというこの製品は、一体どのような経緯から生まれたのか? そこには豆腐の新たなジャンルを作りたいという、鳥越氏の思いがあった。

■勝負に出て、自分の夢をかなえる
 鳥越氏が相模屋食料に入社したのは02年のこと。以前は雪印乳業(現雪印メグミルク)で営業職に就いており、その中で鳥越氏は00年、集団食中毒事件を経験することになる。各方面へと謝罪に向かう中、鳥越氏が痛感したのは製品に対する知識不足だった。雪印乳業では製販分離が徹底されていたため、営業職の人間が工場に入ることは無かったという。

 同じような経験を繰り返したくない。そんな思いから、鳥越氏は入社してすぐに工場に入り、豆腐の製造に携わることになる。夜中の1時に作業を開始し、大豆から豆乳を絞り、その味をみて、豆腐をよせて。その頃、義父にあたる江原寛一社長(現会長)から聞かされたのが、建設予定の第三工場についての話だった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る