家電ベンチャーUPQ、SIMフリースマホや4Kディスプレイなど12種19製品発表

IT業務効率 ハードウェア

中澤優子氏
中澤優子氏 全 3 枚 拡大写真
 家電ベンチャーのUPQ(アップ・キュー、東京都千代田区)は、2月29日にSIMロックフリースマートフォンや50インチ4Kディスプレイなど12種19製品を発表した。2015年7月に設立し、8月に第一弾として17種24製品を発表している。同社ブランドの製品はこれで32種52製品となった。

 第一弾で好評だったスマートフォン、4Kディスプレイのほか、海外からの人気が高いガラス製タッチパネルキーボード、有線と無線両方使えるヘッドフォンなどをラインアップ。「お客様のフィードバックの内容を反映させた後続機種と、新たなコンセプトを取り入れた新機種を出せたのがメーカーとしての新たなチャレンジ。経験値を蓄積し、ボトムがキープできてこそ新製品を発表できる。メーカーとして成長していくことに注力した」(代表取締役の中澤優子氏)。

 同社は消費者が手に取りやすいようスペック、価格、デザインのバランスを取るとともに、「遊び心」をプラスするというブランドコンセプトを掲げている。その一つが「コンセプトカラー」だ。従来の家電にはあまり使用されなかった鮮やかなカラーリングを特徴とし、第一弾の製品は「blue×green」、第二弾は「navy×red」で統一されている。

 昨年9月蔦屋家電での販売を開始し、現在取扱実店舗数はのべ231店舗まで拡大。国内外の9つのECサイトでも販売されている。「立ち上げてすぐのベンチャーがここまで売り場を拡大できたことは、同じようにメーカーベンチャーを志す方々にとっていいニュースなのではないか」と中澤氏は話す。

 さらに3月末にはモバイル電動スクーター「UPQ BIKE」を発表予定。
 

家電ベンチャーUPQ、SIMフリースマホや4Kディスプレイなど12種19製品発表

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る