【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

IT業務効率 その他

流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN」
流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN」 全 3 枚 拡大写真
 商品を購入する際に発行される紙のレシート。これを電子データ化する動きが加速している。経費精算などのために紙を保存しなくていいのは、消費者にとって大きなメリットだが、一方で企業にとっても注目度は高い。データとして膨大な購買履歴を蓄積すれば、物流システムの効率化やマーケティングに活用できるだろう。

 経済産業省は昨年10月、「流通・物流分野における情報の利活用に関する研究会」を設置。ヤマト運輸やセブン&アイ・ホールディングスなどの企業も参加し、“流通・物流業におけるビッグデータの活用を通じた消費活性化”について議論を行った。今後2年以内を目処に、電子レシートの標準規格を作る方針を打ち出している。

■今後の課題とは

 官民一体となった取り組みが行われている電子レシート実用化だが、今後どのような点が課題となるのだろうか。東京ビックサイトで3月8日から開催された流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN」では、「スマーター・リテイリング・フォーラム 2016 ~テクノロジーが拓く流通業ビジネスの可能性~」と題したセミナーを実施。「Virtual POS/電子レシート標準最新動向」コーナーで電子レシートの最新動向が語られた。
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る