【特集・スマート決済】しかも利用料無料!リクルート「Airレジ」

IT業務効率 コラム

Airレジの注文入力と会計の画面
Airレジの注文入力と会計の画面 全 6 枚 拡大写真
 リクルートライフスタイルのPOSレジアプリ「Airレジ(AirREGI)」が圧倒的な勢いで利用者数を拡大している。2013年11月にサービスを開始すると、1年後の14年11月にアカウント数が10万を超え、さらに1年後の15年11月には21万を突破した。

 POSレジアプリは、タブレットやスマホといったモバイル端末にアプリをインストールし、POSレジとして利用できるようにするもの。従来のPOSレジは専用のハードとソフトを用意しなければならないためコストがかかり、大手チェーン店でしか導入しにくかった。

 しかし、POSすなわち販売時点情報管理機能をアプリ化したPOSレジアプリならば、モバイル端末とキャッシュドロア(現金を収納する引き出し)、インターネット環境を用意するだけで良い。コストを安く抑えることができるため、個人経営の小規模店でも手軽に導入することが可能だ。

 ほかにも同様のサービスがある中、Airレジの強みは利用料が“無料”であること。また、機能が優れている点にある。同社でAirレジの開発・運営の第一人者として活躍する大宮英紀氏は次のように語る。

 「弊社では飲食や美容、宿泊・旅行など多岐にわたる領域でメディアを発行し、さまざまなお店とのつながりを持っています。そのお付き合いの中でお店側の視点に立ち、ICTを使ってお店の運営を効率化できないか、どうすれば売上アップに力を入れられるようになるかを考えたのです。そこで取り組み始めたのがAirレジ事業でした」。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る