【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

IT業務効率 コラム

「B1F バル AKT.渋谷店」のホットペッパーグルメスマホアプリの画面
「B1F バル AKT.渋谷店」のホットペッパーグルメスマホアプリの画面 全 4 枚 拡大写真
 スマホでのネット予約数の急増によって、予約サービスを提供する「ホットペッパーグルメ」や「リザーブキーパー」が注目を集めている。店舗にとっては予約電話の受け付け業務を省力化でき、「ぐるなび」「食べログ」といった予約サイトからのネット予約とも、サービス内の機能を利用すればスムーズに同期ができる。

■ビューティーサロンでもスマホ予約が急増

 飲食では予約人数がグループごとに異なり、グループ人数の組み合わせに応じて席の配置を調整するのが難しいケースもある。そのため、ネット予約の受付方法としては、予約依頼の内容を元に受付けを検討する”リクエスト予約”が中心。客からの連絡があった時点で即座に予約完了となる”即時予約”は、受け付けた予約を断れずに席の配置調整が必須となるため、なかなか普及しなかった。

 しかし、即時予約への対応でネット予約が増加傾向にあることを受け、ホットペッパーグルメでは、各店舗へ即時予約への対応を呼びかけているという。即時予約への対応店舗数が増えれば、ユーザーはネット予約の利便性を知ってネット予約を利用するようになる。その好循環を促進しようというわけだ。

 なお、ホットペッパーではヘアサロンなどを紹介する「ホットペッパービューティー」も展開しているが、ホットペッパーグルメのプロデューサーを務める南裕樹氏によると、予約・顧客管理システム「サロンボード」と連動したネット予約の件数は急増しているという。13年度は1594万件、14年度は3004万件、そして15年度には4501万件と右肩が上がりに伸びているようだ。

 「予約せずに利用するケースが多い飲食系に対し、ビューティー系は予約利用が一般的。それがネット予約の普及の差に表れたのだと思います」

■スマホ予約が新たな集客を生む

 スマホによって普及が加速しつつあるネット予約は、集客に大きな効果を発揮する。ホットペッパーグルメとAirレジを利用する「B1F バル AKT.渋谷店」の店長兼総料理長の本澤一馬氏は、「ネット予約ならばお店が休みの日にも予約が入るので、見込み客を逃さなくなったような気がします」とコメント。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る