~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

インバウンド・地域活性 コラム

新宿プリンスホテルのフロントカウンター
新宿プリンスホテルのフロントカウンター 全 4 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼混雑解消と待ち時間短縮はマスト
▼会話のきっかけをつくる。日本各地の季節感あふれる風景を高品質4K映像で演出
▼他言語対応で安心感を
▼祈祷室を設け、イスラム教徒に対応
▼リラックス&和の趣を両立


■利便性、快適性、日本らしさを追求

 増加する訪日外国人旅行者に向けて、ホステルの開業やリノベーションが相次いでいる。中には、インバウンドに特化した内装やサービスに力を入れているところもあるが、現場では一体どのような演出が、外国人旅行者に求められているのか? そのヒントの一つとして知っておきたいのが、ホテルにおけるインバウンド対策だ。今春に改装を終えた帝国ホテルをはじめ、日本各地でインバウンド需要を見込んだホテルの新改築が行われている。

 国内に41の宿泊施設を展開する「プリンスホテル」も、訪日外国人旅行者の受け入れ体制を進めているホテルの1つ。中でも立地とアクセスの良さで外国人の利用が多いことから、その対応強化を推進しているのが新宿プリンスホテルだ。

 同ホテルの宿泊者に占める訪日外国人客の割合は、延べ人数ベースで13年度が63.2%、14年度が70.5%、15年度が74.7%と拡大している。こうした背景から施設の一部を改修し、2016年2月1日にリニューアルオープンを果たした。

 リニューアルでまずポイントとなったのは利便性の向上。インバウンドを含む客数増を見込み、フロントカウンターを約3メートル拡張し、一度に対応できる組数を増やした。宿泊者の荷物預かりや配送、周辺の観光案内などを行うベルデスクのカウンターも拡張し、混雑解消と待ち時間短縮を図っている。

 次のポイントはおもてなしの空間づくり。地下1階フロントカウンター背面に55インチで8面分、幅約5メートル、高さ約1.4メートルのパノラママルチモニターを設置。日本各地の季節感あふれる風景を、高品質4K映像で楽しめるようにした。

 そのほかにも、地下1階にはレイアウトやゾーニングを変更して、約90平方メートルのゲストラウンジを新設。ロビーフロア、ゲストラウンジの内装は木目調にし、ゆったりとした落ち着きのあるフロアに変更した。この効果はさっそく表れたようで、同ホテルで事業戦略を担当する宮田裕志氏は次のように語る。

「パノラママルチモニターに映る日本の風景を見て興味を持たれたお客様から、どこの風景かといったご質問をいただき、会話のきっかけとなっております」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る