【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

海外進出 コラム

欧米への輸出用の日本酒では、ラベルにねぶた祭りのモチーフを採用
欧米への輸出用の日本酒では、ラベルにねぶた祭りのモチーフを採用 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼日本食ブーム→食中酒としての魅力をアピール
▼カクテルを好むアメリカ人向けに甘くするなどローカライズ
▼試飲会での料理とのマッチングを意識する


■アメリカ人によるアメリカ人のためのSake

 アメリカのオレゴン州に日本酒の製造会社がある。設立したのは日本の老舗酒造メーカー桃川株式会社。ここではアメリカ人がアメリカ人のために、自ら日本酒を醸す。

 桃川株式会社 営業管理部長の村井信也氏によると、同社がアメリカへの輸出に着手したのは85年のこと。当時アメリカで飲まれていた日本酒というのはアルコールが飛んでしまうくらいの熱燗が普通だった。

「こんなものは本来の日本酒ではない。冷酒で十分美味しい本当の日本酒を知ってもらいたい」。そんな想いを込めて桃川が輸出した日本酒は、アメリカでも高い人気を集める。しかし、現在のような人気を集めるに至った理由は、やはり海外における和食人気が影響しているようだ。

 13年に“日本の伝統的な食文化”がユネスコ無形文化遺産に登録されると、世界中で和食が注目を浴びた。和食に一番合う酒は日本酒。それも、ワインやビールと同じ醸造酒であるため、食中酒として食事と共に楽しめる。今では長寿の国・日本の和食を食べ、日本酒を楽しむ人は「健康に気を使っていてクール!」と思われている。

■アメリカに日本酒の酒造会社「SakeOne」設立

 92年に桃川はアメリカ オレゴン州で現地法人「MOMOKAWA SAKE,LTD.」を設立。当初はアメリカ向けの輸出を本格化するためのものだったが、96年には工場建設に着手。アメリカ本土での日本酒製造に乗り出す。

 これについて、桃川にはアメリカでも同等レベルの日本酒を作れるという確信があった。その理由はオレゴン州という場所にあると村井氏は話す。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《板谷智/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る