【3Dプリンターと製造業:3】企画・デザインはネットでワンストップ!

IT業務効率 コラム

アイデアレベルの提案を、クラウドソーシングを通じてカタチにする「クラウド3Dメーカー」
アイデアレベルの提案を、クラウドソーシングを通じてカタチにする「クラウド3Dメーカー」 全 2 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼試作射出における大幅なコスト減を実現
▼クラウドソーシングで募るアイデアが“これまでにない商品”を生む


■急拡大する3Dプリンター市場

 3Dデータの設計図から、断面形状を積層していくことにより立体物を作成する3Dプリンター。15年には約110億ドルだった3Dプリンターの市場規模が、19年には約267億ドルの規模に成長すると調査会社のIDCが予測しているように、今後の急拡大が見込まれている。

 モノづくりビジネスを変えると期待されている3Dプリンターだが、果たしてこれからの時代、どのような形で中小企業はメリットを享受できるのか?

 クラウドソーシングの大手として知られるランサーズでは、同社の資源をデザイン面や設計面で活用する「クラウド3Dメーカー」を、株式会社カブクと共同で展開している。同社のビジネス開発部・庄田幸生マネージャーは「大幅にコストが下がり、いままでチャレンジできなかった試作品の製作にも取り組めるようになる」と、3Dプリンターがもたらすモノづくりの現場へのメリットを語る。

■コストカットと新商品開発、中小企業の恩恵は大きい

 「いままでは金型から製作し、試作品を作るだけでも膨大な費用がかかったところが、3Dプリンターの活用で、気兼ねなく制作できるようになります。製品の形状を確認したり、実際に触ってみて持ちやすさをチェックしたりということが、費用に制限のある中小企業にとって容易になったといえるでしょう」と語る庄田氏。

 確かに、豊富な資金を持つ大企業ではなく、制限の多い中小企業こそ3Dプリンターの恩恵を受けられることは間違いない。その上で「クラウド3Dメーカー」については、「ワンストップで3Dプリントを実現できる点」に強みがあると話している。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る