~動画PRの成功術:1~プロに学ぶ成功への5つのプロセス

IT業務効率 コラム

YouTubeの動画再生画面では、右ペインに関連動画が一覧で表示される。ここで「動画の中にチャンネル登録を設置する方法」など、サムネイルに動画のタイトルが表示されていると、その内容が一目で分かりやすい
YouTubeの動画再生画面では、右ペインに関連動画が一覧で表示される。ここで「動画の中にチャンネル登録を設置する方法」など、サムネイルに動画のタイトルが表示されていると、その内容が一目で分かりやすい 全 5 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼出演者の人柄による購買への結び付けが、中小企業の数少ない武器
▼動画撮影で最低限配慮すべきは「アングル」と「背景」
▼YouTubeでは動画本数を増やすほどに集客に繋がる


 若者を中心にスマホでの動画の視聴が日常化している。都市部では電車内などの移動中にもウェブ動画が再生され、企業のPR戦略として再び注目を集めているようだ。スマホや市販のデジタルカメラでも動画を撮影できるため、中小企業にとっても比較的に取り組みやすい手法といえるだろう。

 とはいえ、コストをかけずにPRを行うとなると、動画の撮影から編集、公開までを企業自身が行うことになる。一般人でも動画を投稿しているだけに不可能ではないが、ビジネスのクォリティでとなると、その成功には最低限必要となる要素がありそうだ。

 ウェブ動画の制作やコンサルを行うウェブデモ社の代表取締役で、書籍「YouTube 投稿&集客で稼ぐ! コレだけ! 技」を執筆する川崎實智郎によると、動画PRを成功させるためにはいくつかのプロセスがある。それが「動画PRの目的を設定」「動画PRに向いている製品の見極め」「撮影時の構図や背景の決定」「動画の編集・公開方法」の4つだ。

 以降はこれらの具体的な内容を順に紹介する。

■1.動画PRの目的を設定―――――

 中小企業が動画を作る目的として、一番に考えるべきは自社やブランドの知名度を上げること。つまりブランド戦略だ。多くの商品やサービスにおいて、そこに安心感や期待感が無ければ購買に繋がらないが、それを支援するのが動画の最も分かりやすい存在意義となる。

 具体的には美容や宿泊業、法務といった人が関わるサービスが分かりやすい例となる。サービスの提供者が自ら動画に登場することは、ただの文字の紹介を読むよりも、その人となりが何倍も利用者に伝わる。実際に顧客として訪れたときも、まるで一度会ったことがあるかのような安心感を与えられるわけだ。

 こうした人を前に出すプロモーションは大企業には難しく、逆にいえば中小企業が勝負できる数少ない武器と言えるだろう。“この人”が売るもの、薦めるものならば……という視聴者の思いが、そのまま購買意欲へと繋がる。

≫≫≫よくある失敗:自社の商品を動画内で宣伝

ネット上には企業のPR動画が無数に存在しており、ユーザーはそれを反射的にスキップしている。動画で商品を宣伝しても、視聴者を集めたり、実際の購買に繋がるケースは極めて少ない。

「企業が視聴者のことを考えていない典型的な例ですね。例えば、化粧品であれば日焼け対策などの方法を紹介して、最後に自社の商品を案内する。視聴者が求めているのは前者ですから、それが無ければ見られるような動画になりません」(川崎氏)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る