中小企業/フリーランスのためのフィンテック、FINOLABでセミナー

イベント イベント・セミナー

企業支援では起業後すぐのサポートが重要だと話す、クラウドキャスト株式会社代表取締役社長で、一般社団法人FinTech協会理事の星川高志氏
企業支援では起業後すぐのサポートが重要だと話す、クラウドキャスト株式会社代表取締役社長で、一般社団法人FinTech協会理事の星川高志氏 全 5 枚 拡大写真
 HANJO HANJOでは中小企業の経営を活性化するものとして、これまでフィンテック(フィナンシャル・テクノロジー)に注目してきました。クラウドキャスト株式会社と協業し、16年8月に資金繰り計画支援ツール「Staple Pulse for HANJO HANJO」をリリースしたのもその一環です。

 フィンテックは特に企業の経理における業務効率を向上させます。その可能性について認知を広めるために、HANJO HANJOでは日本最大のフィンテック産業拠点「FINOLAB」とともに、10月27日にセミナー「日本を元気に!FinTechパワーを中小企業/フリーランスに!!」を共催しました。

■フィンテックによる資金繰りが企業の倒産を防ぐ

 セミナーでは中小企業を支援しているフィンテックサービスが紹介されたほか、それを実際に導入している中小企業経営者による体験談が語られました。このうち、「中小企業のキャッシュフローを自動化・見える化する」というテーマで講演を行ったのが、クラウドキャスト株式会社代表取締役社長で、一般社団法人FinTech協会理事の星川高志氏です。

 星川氏によると、ここ数年はスタートアップが中心となり、既存のビジネスをテクノロジーで変革しようという動きが活発化しているようです。そのひとつがITを活用した金融サービスを指すフィンテックで、会社の業務から日常生活までさまざまなシーンで利用されています。

 ただ、銀行を介するような金融サービスのコアな部分については、まだまだフィンテックの浸透に時間がかかるとのことです。そのため、現在は周辺部分でのサービス展開が進んでおり、家計簿アプリやPOSレジアプリなどが普及しつつあります。先日、Suicaやクレジットカードの代わりに、iPhoneやApple Watchで決済ができる『Apple Pay』が日本での提供を開始しましたが、これもフィンテックサービスのひとつです。

「この分野ではアメリカが先行しており、13年ごろからフィンテックへの投資額が急増しました。これを受けて、決済やオンライン融資など、さまざまなサービスが立ち上がりつつあります。日本でも経費精算や会計、業務支援のサービスが展開され、中小企業の経営を支援しています」

 このような状況を受けて、クラウドキャストがHANJO HANJOと共同開発したのが「Staple Pulse for HANJO HANJO」です。星川氏によると企業の約半分が、起業後に最初の1年で倒産しています。その原因となっているのが資金繰りの悪化で、これを解決するには、例えば“何年何月に資金がゼロになる”といったキャッシュフローの見える化が必要とのことです。

「では、なぜ資金繰りを管理しないのかヒアリングしていると、そこには大きく3つの理由がありました。それが“難しくて時間がない”、“面倒くさい”、“メリットを感じない”です。そこで、開発ではより簡単な操作で、月次の入出金による資金の大まかなトレンドを予測することを目指しました」

 星川氏によると業界では今後、AIが保険や融資に応用され、新しいフィンテックサービスが展開されていくとのことです。また、今後のトレンドを占うキーワードとして、「電子帳簿保存法」や「デジタルレシート」などが挙げられました。前者は現在改正が進んでおり、経理業務でいえば領収書をスキャン、もしくはスマホなどで撮影することで、原本を保存する必要がなくなります。一方、後者についてはまだ実証実験段階ではありますが、店舗などで領収書をデータで発行しようという取り組みです。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る