タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

海外進出 ニュース

チェンライへの延伸計画を説明するウティチャートSRT総裁(3日)
チェンライへの延伸計画を説明するウティチャートSRT総裁(3日) 全 2 枚 拡大写真
【タイ】タイ国鉄(SRT)は北部のプレー県デンチャイ駅とチェンライ県を結ぶ複線線路を建設し、2020年に開業する計画だ。

 プレーからパヤオ県を経てチェンライに至る総延長323キロ、26駅、トンネル3カ所で、建設費770億バーツを見込む。

 環境アセスメントが10月に終了し、近くSRT理事会に計画の承認を求める。承認後、閣議に計画案を提出する。

 SRTの北部線は現在、チェンマイ県止まりで、さらに北のチェンライには線路が通じていない。新路線はチェンマイの南のデンチャイ駅で分岐し、チェンライに北上する。

 チェンライはミャンマー、ラオスと国境を接し、ラオス経由の道路交通、メコン川による河川交通で、中国との窓口になっている。

《newsclip》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る