~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

IT業務効率 コラム

自動制御でモジュールの角度を変え、状況に応じて光を当てることが可能
自動制御でモジュールの角度を変え、状況に応じて光を当てることが可能 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼初期コストは最低1500万円、約10年で回収可能
▼ソーラーシェアリングは水田のような平たい耕作地と相性が良い
▼営農の効率化やIoT化などの付帯効果も魅力


■農業に新たな収益構造をもたらす

 作物を育てている田畑の上に太陽光発電システムを設置し、農業と発電事業を同時に行う「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」。収益性を高めることで農家の担い手不足や耕作放棄地の問題を解決し、風雨から田畑を遮ることによる効率的な営農が期待できるなど、近年では新たな“攻めの農業”の形として注目が集まっている。

 長野県上田市で農業を営む合原亮一氏は、そんなソーラーシェアリングに3年前から取り組んでいる農業従事者だ。”自然エネルギー普及モデル”を育むべく設立された「自然エネルギー信州ネット」の理事を務め、再生可能エネルギーの導入支援を行うガリレオの代表取締役を務めながら、自らの耕作地を所有。16年6月には約3000平方メートルの水田のうちの約1500平方メートルに、太陽光パネル672枚に及ぶソーラーシェアリング設備を完成させた。

「ソーラーシェアリングを導入する手続きとして、農業委員会の認可を取る必要があるのですが、私の場合は1年以上かかりました。現在では3ヶ月程度で認可が下りるのですが、当時は前例がなかったため、長くの時間を要したわけです。電力会社に依頼しても田圃の中に電柱を立ててくれないなど、いろいろな試行錯誤がありましたね」

■平な耕作地と相性のよいソーラーシェアリング

 ソーラーシェアリングはさまざまな耕作地に設置可能だが、13年4月に農水省が発表したソーラーシェアリングの指針(支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて)を見た合原氏は、「ソーラーシェアリングを導入するなら水田がいい」と考えたという。その理由は採算性だ。

「畑には凹凸があるため、太陽光パネルを土地の形に合わせて設計しなければなりませんが、水田の場合は地面が真っ平らです。設置も楽で『どこにでも付けられるな』と思いました。ただ、水田は比較的多くの光が必要なので、自動制御でモジュールの角度を変えて、状況に応じてより多くの光を地面に当てられる仕組みにしています」

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る