高速バスとカーシェアリングの社会実験、浜松インター駐車場で

インバウンド・地域活性 ニュース

浜松インターで実施する高速バス&カーシェアリング社会実験
浜松インターで実施する高速バス&カーシェアリング社会実験 全 2 枚 拡大写真
国土交通省は、高速バス停周辺の駐車場にカーシェアリング車両を配備し、高速バスとカーシェアリングを連携したサービスの社会実験をを強化させることで、11月15日から浜松インター駐車場で開始する。

高速バスとカーシェアリングの社会実験は、今年10月14日に参加公募を開始したところ、遠州鉄道とタイムズ24から応募があった。

応募申請書類の内容を確認した結果、参加要件を満たしていることを確認した。11月15日から2017年10月31日まで浜松インター駐車場(静岡県浜松市東区)で実験を実施する。

史跡や城跡など、多くの観光資源のある浜松市で、高速バスとカーシェアリングの連携を強化させることで、高速バス利用者の行動圏の拡大による観光振興や地域活性化への寄与の可能性を検証する。

高速バスとカーシェアリングの社会実験 11月15日から浜松インター駐車場で

《レスポンス編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る