道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

制度・ビジネスチャンス ニュース

道路舗装大手8社の16年4~9月期連結決算
道路舗装大手8社の16年4~9月期連結決算 全 1 枚 拡大写真
 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算が出そろった。東日本大震災の高速道路復旧工事をめぐる独占禁止法違反の影響で増収は2社。民間工事の競争が激化し、営業増益も2社にとどまった。第3四半期以降の営業停止を見込み、17年3月期の業績見通しを公表している6社で減収減益を予想している。
 4~9月期の受注高をみると、大日本土木などグループ会社を中心に好調だったNIPPO、民間工事が順調に推移した前田道路のほか、鹿島道路、大林道路、世紀東急工業の5社が増加した。
 ただ、製品・販売部門は、日本アスファルト合材協会がまとめた会員会社の16年度上期(4~9月)の合材製造量が前年同期比3・4%減の1664万トンと、上期としては1985年度の統計開始以降で最低となり、全社が受注高を減らした。
 増収は、NIPPOと前田道路の2社。NIPPOは関連子会社の受注が好調で、手持ち工事の消化も順調に進んだ。前田道路は独禁法違反の影響で官公庁工事は伸びなかったが、民間工事にシフトし、前年同期を若干上回った。
 営業増益は、NIPPOと世紀東急工業の2社。NIPPOは使用する資材の価格が安定していたことに加え、コスト削減や生産性向上の取り組みの強化で利益率が改善。世紀東急工業は、前期に比べ製品・販売部門の出荷が減ったが、原油価格の低下による利益上昇と、直轄工事の利益率改善が奏功した。
 17年3月期は、各社とも独占禁止法違反の影響で下期以降に見込まれる営業停止処分を見越し、全7社が減収減益、受注高の減少を予想している。

道路舗装大手7社/16年4~9月期決算/増収2社、営業増益2社

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る