【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

インバウンド・地域活性 コラム

近年ではゲームセンターを訪れる訪日観光客が増えており、外貨自動両替機を置く店舗も現れた
近年ではゲームセンターを訪れる訪日観光客が増えており、外貨自動両替機を置く店舗も現れた 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼翻訳サービス活用でインバウンド客を充足させると同時にスタッフ負担を解決
▼「WeChat Payment」の導入で中国人の口コミを呼ぶ


■ゲームセンターの遊び方に迷う訪日観光客

 これまで観光スポットと爆買いに集中していたインバウンド。その活動範囲がFIT(海外個人旅行)やリピーターの増加とともに、街中へと広がりつつある。駅前などによくあるマンガ喫茶や温浴施設などで、訪日観光客の姿を見かけるようになった。

 このような需要を取り込むことは、都市部で店舗経営を行う事業者にとっては大きな課題だろう。ただ、そのためには外国語対応などの準備が必要となり、接客を行うスタッフにも負担がかかる。その対応に工夫をこらしている企業のひとつが、東京を中心にゲームセンターを運営するアドアーズだ。

 経営企画部IR・広報グループ係長の秋山実優二氏によると、例えば人気ゲーム機のうち「UFOキャッチャー」のようなものであれば、他人がプレイしている様子を見れば、外国人でも操作方法は理解できるという。しかし、「プリクラ」などは外部との視界が遮断されているため、外国人が操作に悩むケースも多いようだ。

「アジア圏のお客様の中には、お金を入れるところから操作を案内しないと分らないという方もいらっしゃいました。店内は原則禁煙で、撮影も禁止していますが、そういったマナーをお知らせする必要もあります」

 近年では都市部のゲームセンターを訪れる訪日観光客が増えているという。このような店舗について、アドアーズでは英語や中国語を話せるスタッフを配置。お客様対応を行っていたが、それでも解決しないようなシーンもあるようだ。

次のページ 来店客の8割におよぶ中国人の支持を得た接客とは? > 

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る