~社歌コン 応募社の横顔:1~スタッフが思わず泣いた社歌-清澄白川の美容室

人材 コラム

「お客さんとの日常の会話をしている姿を映したかった」という、Infinityの社歌動画
「お客さんとの日常の会話をしている姿を映したかった」という、Infinityの社歌動画 全 3 枚 拡大写真
 HANJO HANJOでは社内のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。2017年1月31日まで募集の「中小企業 社歌コンテスト」では、会社の想いが詰まった社歌が主役の動画を募集しています。応募企業では早くも社歌の制作を通じて、従業員の間に一体感が生まれているようです。

■スタッフと通じた思いを歌に残す

 16年9月に東京・清澄白河にオープンした美容院「Infinity」も、そんな社歌動画の制作を楽しんだ会社の一つです。オーナーの鈴木達也さんが社歌を作ったのは、オープン時にスタッフと確認した、「みんな一丸になってやっていこうぜ」という想いを形に残したかったから。きっかけは、新郎新婦がその思いを込めて歌う、結婚式で今流行りのレターソングでした。

「お客様の中にレターソングを作曲している方がいて、たまたまその話を耳にしました。記念に何かを残すときに歌もいいなと、その時に思いついたんです」

 社歌を作るにあたって、メロディはその作曲家に頼めることになり、さっそく鈴木さんは歌詞を作りだします。最初は社訓を入れようと思いましたが、なかなか歌として上手くまとまりません。最終的に歌詞に込めたのは、お客様への感謝の気持ちでした。

 こうして、完成した歌詞が歌になり、鈴木さんの元に届きます。さっそくスタッフを集めて聞いてもらうと、その反応は鈴木さんにとっても予想外のものでした。

「スタッフの一人が、社歌を聞いて泣いたんですよ。そんな気は全くなかったんですけどね(笑)。ただ、そのとき、社歌を作ってよかったと思いました」

■動画作成という非日常で、思い出を深める

 社歌を作ってしばらくして、「中小企業 社歌コンテスト」のことを知った鈴木さんは、これに応募する動画も作ることを決心します。話を聞いたスタッフは、みんな乗り気だったそうです。仕事の合間を縫って自分たちで撮影を行ったことは、大変でしたが、それ以上に良い思い出になりました。

 こうして、完成した動画は、「スタッフの姿を残したい」という鈴木さんの想いを、まさにそのまま形にしたような内容でした。お客さんをお出迎えして、カットして、カラーして、シャンプーをして……。そこには美容院での日常と、働くスタッフの姿が映し出されています。

 その中には、ホームページにアップするために、モデルをカットし、それをプロのカメラマンが撮影する一幕もありました。これは鈴木さんによると、まさにスタッフのためのシーンとのことです。

「あの仕事は美容師にとって一番の華なので。彼らの一番カッコいい姿を残しておこうと思い、撮影しました。お客様にとっては何気ない動画のワンシーンですが、スタッフは気に入っているようですよ」

 社歌を作り、全員で動画を手作りしたことで、社内には日常にない一体感が生まれたようです。社内で共有したい思いを、全員の心に残るようにカタチに残す。歌や動画にはそんな可能性が秘められているのかもしれません。

width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る