儲かっている会社=信頼関係のある会社

人材 コラム

北岡修一(東京メトロポリタン税理士法人 統括代表)
北岡修一(東京メトロポリタン税理士法人 統括代表) 全 1 枚 拡大写真
 長年、税理士の仕事をしていると、お邪魔する中小企業の社長と社員のやり取りを聞いているだけで、その会社が「儲かっている会社」か「儲かっていない会社」かの違いが何となく見えてくる。

 誤解を恐れずに言えば、それは「信頼関係」の強さなのではないかと思っている。社員が社長を人として信頼しているのは当然である。それすらなければ、その社員は遅かれ早かれ会社を去ってしまうだろう。

 社長の人間性への信頼以上に大切なことは、社長の方針や戦略、経営の方向性に対する信頼感である。社長が目指す方向に、「よし、俺たちもその方向に向かっていこう!」と思っているかどうかだ。

 残念ながらそのような会社は、意外と少ないように思う。

 社長の目指す方向を信じ、社員が一丸となって仕事をする会社であれば、どんどんいい方向に向かっていくだろう。ガンガン実績が上がり、儲かる会社になっていく。

 圧倒的に多いのは、「社長がそう言うから多少違和感はあっても、とりあえずその方向で仕事をする」という会社である。社長に対する絶対的な信頼感がないわけだ。これでは、会社は儲かる方向には進んでいかない。

 すべての社員が無理ならば、幹部だけでも、社長の方針に対する絶対的な信頼感があれば、会社はいい方向に動いていくものである。

 そして、もう一つの信頼関係は、社長が社員を信頼しているかどうかである。

 社員を信頼していない社長というのが、また意外と多いのである。いつも社員のことをボロクソに言ったり、ボヤいたりしている社長だ。このような会社では、社員たちの士気が上がらないため、当然、儲からない会社になっていく。

 社長と社員の信頼関係があるかどうか。これが組織として「儲かる会社」になるかどうかのキーポイントだと思う。

 信頼関係があるからこそ、社長は社員にすべてをオープンにする。信頼関係があるからこそ、チームやプロジェクトの採算を本気で追求しようとする。社員は社長の提示するビジョンを信じて、それを達成しようと努力する。こういう好循環が、儲かる会社になっていくのだ。

 「儲かる」という字は、信者と書く。「お客様に会社の信者(=ファン)になっていただくことが、儲かる道に通ずるのだ」とよく言われている。それはそれで真理だが、その真理の前に社長と社員がお互いに「信ずる者同士である」ことのほうが重要だと私は思っている。この前提があって初めて、お客様を信者にしていくこともできるのからだ。

 社長と社員が強い信頼関係で結ばれている会社ほど強くて、気持ちがいい。そして、儲かる会社になれると確信している。


●北岡修一(きたおかしゅういち)
東京メトロポリタン税理士法人 統括代表。25歳で独立以来、税務会計業務を基本としつつも、経営診断、人事制度の構築支援、システム導入支援などコンサルティング業務にも携わってきた。現在は「会計理念経営」を掲げ、「会計を良くすると、会社が良くなる!」をモットーに、誠心誠意、中小企業を支援している。主な著作に『社長の「闘う財務」ノート ~ 社長の数字力が会社を鍛える』(プレジデント社)がある。


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

《北岡修一》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る