~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

IT業務効率 コラム

「ABEJA Platform」を導入しているビジョンメガネアリオ亀有店
「ABEJA Platform」を導入しているビジョンメガネアリオ亀有店 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼感覚的な“顧客像”には、時に大きな間違いがある
▼客層や集客力の高い棚を分析する作業はAIに委ねる
▼AIに関するサービスは多数リリースされているので、適正コストを選べる

■来店者属性をAIによって分析する

 IBM Watsonの日本語版リリースとともに、AIビジネスが活気づいた2016年。そのムーブメントはあらゆる業界に飛び火し、さまざまなソリューションを生み出した。その中には中小企業の経営をサポートするものも多く、導入企業も増えている。メガネ小売チェーンの「ビジョンメガネ」もそのひとつだ。

 同社は日本全国に104件の店舗を展開。そのうちの2割が、ショッピングモールなどに店を構える“インショップ型”だ。店の前にはモールを訪れた客が行き来しており、そのうちの何人が店舗に目を止めてくれるか、商品に興味をもってもらえるかがグループの売上を大きく左右している。

 ショッピングモール「アリオ亀有」内にあるアリオ亀有店では、2015年にインストアアナリティクスサービス「ABEJA Platform Professional Plan」を導入した。その目的は“通行客に足を止めてもらう店舗”を作ることだったと、第二営業次長兼東京埼玉ブロック長の臼倉旦人氏は当時を振り返る。

「来店者数や顧客属性などは、もともとスタッフがアナログな手法で収集していたんです。それを、より確実に数値化したいと考えたのが、サービス導入のきっかけでした」

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る