【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

イベント イベント・セミナー

会場では聴講者に向けて、「思い込みをやめる」「街の魅力に自信をもつ」といった提案が行われた
会場では聴講者に向けて、「思い込みをやめる」「街の魅力に自信をもつ」といった提案が行われた 全 4 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼海外留学生などを招き地域のアンバサダーになってもらうことで、第三者的視点をもつ
▼単なる観光地としてではなく、「ストーリー」のある旅をPRする
▼訪日客にとって、日本の日常性にこそ非日常性が存在する


■外国人観光客による視察を口コミの起点にする

 日本政府観光局のリリースによると、2017年1月の訪日外客数は前年比24%増の229万6000人。特に中国の旧正月(春節)が1月末から始まったため、中華圏を中心に訪日観光客が増えている。

 高級品の爆買いに陰りが見えたとはいえ、訪日観光客数は増加の一途をたどっている。とはいえ、消費を取り込むにあたり、その手法に苦戦している事業者や団体も少なくないようだ。そんな経営者にとって参考になりそうなイベント「インバウンドビジネス総合展」が、東京ビッグサイトで2月1日から2日にかけて開催された。本記事ではその中から、All About Japanと大日本印刷の各担当者が登壇したセミナー「訪日客目線での観光PR ~地域の魅力創出・発信の事例紹介~」にフォーカスし、そこに見たビジネスのヒントを紹介する。

 今回のセミナーで取り上げられたのは、佐井村における訪日観光客の集客における取り組みだ。この村は青森県下北半島の東端に位置し、津軽海峡に面した海岸線を持つことから、そこに沈む夕日が絶景として知られている。ただ、近年では村の人口は年々減少の一途をたどっており、過疎に悩んでいるようだ。

 セミナーで紹介された取り組みでは外国人向けの日本総合情報サイトAll About Japanと、“旅のよりみちアプリ”を名乗る大日本印刷の社内プロジェクト「YORIP」が協力。佐井村の魅力を世界に向けて発信している。その施策のひとつとして行われたのが、海外留学生を含む10人ほどのメンバーによる視察旅行だ。

 All About Japan GMの弘中雪絵氏によると、佐井村の魅力を発信するにあたって、「東北は日本のリゾートだ」というストーリーを構築したという。

「このストーリーに沿って訪日観光客に口コミの起点になってもらい、彼らを“東北通のアンバサダー”として育成するという方針を打ち出しました。日本には、“そこにしかないもの”というのがたくさんあります。これを軸に、外国人のキーマンにその魅力を発信してもらったわけです」

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る