三菱地所レジデンス、クアラルンプール近郊のマンション開発に参画

海外進出 ニュース

完成予想図
完成予想図 全 3 枚 拡大写真
【マレーシア】三菱地所レジデンスは29日、マレーシアの大手企業IOI傘下の不動産会社パインプロパティーズがクアラルンプール(KL)近郊で開発中の住宅事業「ザ・ジェムズ」のプロジェクト会社の株式45%を取得し、事業に参画すると発表した。

 IOIがオフィス、住宅、レジャー施設、ホテルなどを開発している「IOIリゾート」内の約4万平方メートルの敷地に地上12階から34階のマンション8棟を開発する。総戸数676戸、専有面積は約110-160平方メートル。2017年5月着工、2019年3月の販売開始を見込む。

三菱地所レジデンス、KL近郊のマンション開発に参画

《newsclip》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る