ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン

海外進出 ニュース

関連画像
関連画像 全 1 枚 拡大写真
ターゲットは中間層
日本でも人気が高いラーメンチェーンの「一風堂」が4月11日、ミャンマー最大の商業都市ヤンゴンに1号店をオープンしたという。

一風堂は福岡市に本拠を構える株式会社 力の源(みなもと)ホールディングス(以下「力の源HD」)が運営するラーメンチェーンで、海外14カ国に160店舗、日本国内に100店舗以上を有している。

今回オープンしたIPPUDOヤンゴン店は、オープンしたばかりのショッピングモール「ジャンクション・シティ」の5階に位置し、力の源HDがライセンス契約したシンガポール企業のシンガポール・ミャンマー・インベストコ(Singapore Myanmar Investco Ltd .)が管理しているという。

IPPUDOヤンゴン店の経営責任者であるKyaw Thaung氏は、「ミャンマーの人々に広く知られている寿司や刺身とは別に、日本食の選択肢を増やすことによって、比較的豊かな消費者を引き付けられるだろう」(Japan Timesより)
と述べ、期待を膨らませた。

選べるメニュー
IPPUDOヤンゴン店の代表メニューは、日本でも定番のとんこつ味の「白丸元味」やとんこつベースに豆板醤などでスパイスをきかせた「からか麺」など。ラーメンのサイズは「スタンダード」と「スペシャル」から選べる。

また、ラーメンのお供ともいえるジューシーな餃子も「オリジナル」と「スパイシー」という2つのテイストから選べるという。

ミャンマーでとんこつ味が定着するのか、注目が集まる。

(画像はmizzimaより)

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る