農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

制度・ビジネスチャンス コラム

ネロリの島カフェ/皮剥き作業の様子
ネロリの島カフェ/皮剥き作業の様子 全 6 枚 拡大写真
★広島県の瀬戸内沿岸エリアで始まった事例から学ぶべきこと

●前編(農商工連携):「ネロリの島カフェ」~コンサルティング会社が地域特産品で島をリニューアルする~
●後編(六次産業化):「とびしま柑橘工房」~農家との直取引のなかで農家の課題を解決する~


「六次産業化」と「農商工連携」。この2つの言葉の違いをご存知だろうか。六次産業とは、あくまでも農家が単独で生産→加工→販売まで一貫した事業を展開することであり、農商工連携とは、農家が専門の商工事業者と提携した共同事業の形でお互いのノウハウや特徴を生かした商品を開発・製造・販売することである。両者はそれぞれ「六次産業化法(農水省)」と「農商工連携促進法(農水省・経産省)」という制度の中で、補助金、助成金等などの支援を受けられる仕組みになっている。

 広島県中央部の瀬戸内に面した呉市安芸灘地区。この地域の特産である柑橘を手がける農家の所得増・生産性向上による地域活性という同じ目標に向かって活動する2つの事業体がある。農業の六次産業化を標榜する「株式会社とびしま柑橘工房」と、農商工連携による収益事業に取り組んでいる「株式会社HR(ネロリの島カフェ)」だ。特集「六次産業化と農商工連携、制度利用をビジネスに活かす」では前・後編の2回に分けて、具体的な手法や取り組みについて紹介する。

 まず、この地区の歴史と特徴を説明しておこう。

 広島県の瀬戸内沿岸エリアのほぼ中央に位置する呉市の島しょ部の東側4島=上蒲刈島、下蒲刈島、豊島、大崎下島は、江戸時代は海洋交通の要として賑わった。中でも大崎下島の御手洗は、潮待ち・風待ちで米北前船が停泊する商業港として大きな発展を遂げ、今でも江戸時代の町並みを残す御手洗地区は、歴史保存地区となって観光名所となり、島に移住して古民家をゲストハウスに改装・経営する若者も出てきている。

呉市島しょ部、とびしま海道の風景(提供:マイコンシェルジュ)


 この島しょ部の主要産業は、瀬戸内の温暖な気候と急な斜面を利用した陽当たりの良い段々畑で栽培される柑橘農業。中でもレモン栽培が盛んで、地名からとった「大長檸檬」は全国に知れたブランドである。広島県は国産レモンの約6割を生産する全国一のレモン生産県であり、その広島県の出荷の過半数がこの地区で生産されている。この地区のレモン栽培は100年以上の歴史があり、最盛期には1,000件を越すレモン農家が存在したが、昭和39年の輸入の自由化によって安価なカリフォルニアのレモンが大量に流通するうちに、国産レモンは取引価格が暴落してこの地区でも栽培をやめるレモン農家が続出した。

 2008年、島の活性化のために呉市川尻町から下蒲刈島ー上蒲刈島ー豊島ー大崎下島ー平維島ー中ノ島ー岡村島(愛媛県)を繋いだ安芸灘諸島連絡架橋(通称:とびしま7つ橋)が完成して、島は本土と橋で繋がる。近年では、瀬戸内海特有の多島美を眺めながらドライブやサイクリングができる「とびしま海道」を、尾道=今治を結ぶしまなみ海道に続く観光地にしようと行政も動き出してはいるが、大きな流れとしてはレモン栽培よりも収入の多い仕事に就こうとする若者が島から出て行く典型的なストロー現象に悩まされ、直近10年間でこの地区のレモン農家は約300件~400件と最盛期の約3分の1に減ってしまった。(ただしレモンの生産量はこの10年間で倍増している。その理由は後述する)

■「ネロリの島カフェ」~コンサルティング会社が地域特産品で島をリニューアルする~

 2012年春、呉市川尻町から安芸灘大橋で繋がる下蒲刈島から4つ目の島となる大崎下島と、大崎下島の小長港からフェリーで繋がる大崎上島。柑橘栽培が盛んなこの2島を中心に、「島のさまざまな資源を活用して、島を元気にする仕組みをつくりたい」という志を持つ地域おこしグループ「瀬戸内ネロリウム協議会」が発足した。この協議会では、地域の農商工連携事業の成功事例を目指して、柑橘の葉やつぼみで作ったハーブティーやアロマオイルなどの製造・販売を行なっている。協議会の代表である、角南正之氏(大崎上島で唯一の観光旅館「きのえ温泉 清風館」の代表取締役社長)から、本事業の効果的な運用方法を相談されたのが、同協議会のメンバーでもある株式会社H・Rの矢頭真弓代表である。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《三浦 真/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る