東京メトロと岩手の鉄道・バスが合同スタンプラリーで東北復興を応援

インバウンド・地域活性 ニュース

各社の車両が描かれたスタンプラリーのポスター(一部)。4月から10月にかけて行われる。
各社の車両が描かれたスタンプラリーのポスター(一部)。4月から10月にかけて行われる。 全 2 枚 拡大写真
関東大手の東京地下鉄(東京メトロ)と、岩手県内の鉄道・バス4社は4月25日、「東北のさらなる復興」を応援する合同企画「東京&きたいわて 列車とバスでめぐろう!ぐるっとスタンプラリー」を行うと発表した。

発表によると、スタンプラリーを行うのは東京メトロのほか、岩手県の三陸鉄道・IGRいわて銀河鉄道・ジェイアールバス東北・岩手県北自動車(県北バス)の鉄道・バス4社。「東京ステージ」と「きたいわてステージ」の二つで構成されており、開催期間は「東京ステージ」が4月29日から7月2日まで、「きたいわてステージ」が7月1日から10月1日までになる。

「東京ステージ」では、東京メトロの東京・茗荷谷・六本木一丁目各駅にスタンプを設置。「きたいわてステージ」はIGRの盛岡・二戸各駅と三陸鉄道の久慈・宮古各駅にスタンプが設置される。各ステージでスタンプを集めると手ぬぐいやエコバッグなどがプレゼントされるほか、三陸鉄道の気動車運転体験イベント参加権なども抽選でプレゼントされる。

東京メトロと岩手の鉄道・バスが合同スタンプラリー…東北復興を応援

《草町義和》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る