ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

制度・ビジネスチャンス コラム

ドラマ『小さな巨人』 に見る、組織内派閥抗争の行方
ドラマ『小さな巨人』 に見る、組織内派閥抗争の行方 全 1 枚 拡大写真
 TBS系の日曜劇場(日曜夜9時)で放送されている『小さな巨人』が佳境に入り、盛り上がってきた。 

 警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第一係係長として数々の事件を解決してきた香坂真一郎(長谷川博己)は、上司の警視庁捜査一課長の小野田義信(香川照之)と料亭で会食をした後、飲酒運転の車を取り調べた際に相手の車に傷をつけてしまう。その時、日本酒を飲んでいたことが問題となり、香坂は所轄の芝署へと左遷されてしまう。

 物語は、出世コースから転落した香坂が、現場の刑事たちと難事件を解決していく姿を描く一方で、上司の小野田が香坂を陥れたのではないか? という警察組織内での激しい派閥抗争が描かれていく。

 刑事ドラマは『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降、警視庁と所轄という警察内の階級が生み出す縦割り問題を通して、会社組織の中で働く公務員としての刑事たちの葛藤を描いてきた。本作もその流れを汲む作品で、警察組織の派閥争いに苦しめられながらも警察官としての使命をまっとうしようとする刑事たちの姿が、同じように会社の派閥争いに頭を悩ませている中高年の男性視聴者から高く評価されている。

 こういった組織描写は、日曜劇場が池井戸潤・原作小説のドラマを通して描き続けてきたことだ。最も有名なのは、メガバンクでの派閥争いを描き高視聴率を獲得した『半沢直樹』だろう。

『小さな巨人』は、監修の福澤克雄を筆頭とする『半沢直樹』のチームによって制作されている。ドラマ自体はオリジナルだが、『半沢直樹』や『下町ロケット』といった池井戸潤の原作小説のテイストは『小さな巨人』にも受け継がれており、警察版『半沢直樹』とでも言うような話となっている。

 本作における警察組織は魑魅魍魎が集う伏魔殿だ。何度も繰り返される「敵は味方のフリをする」という台詞は、「クレタ人はみな嘘つきだ」というエピメニデスのパラドックスを思わせる言葉だが、当初は香坂を陥れようとする悪役かと思われた小野田が、香坂を助けたり、逆に味方だと思っていた優しい顔の男が実は敵と通じていたりと、人間関係は複雑でめまぐるしく変化。誰が味方で誰が敵かわからないため、絶えずドラマ内に緊張感が走っている。

 キャラクターもそれぞれ個性的。長谷川博己が演じる主人公の香坂は、長谷川が『シン・ゴジラ』で演じた内閣官房副長官・矢口蘭堂を警察官僚にしたような男だ。『シン・ゴジラ』もまた怪獣映画という枠組みの中で日本の官僚組織を描いた作品で、『下町ロケット』等の池井戸潤作品と比較されて語られていたが、香坂も品行方正なヒーローというよりは腹に野心を抱えた一筋縄ではいかない策略家だ。

 香坂のようなエキセントリックで頭がキレる男を演じさせると長谷川博己は実にうまく、圧倒的な存在感を見せつけている。なお、奥さん役を演じたのは『シン・ゴジラ』で共演した市川実日子だというのはファンとしては嬉しいところ。息が詰まるシーンが続く中で香坂の家庭パートは一服の 清涼剤となっている。

 一方、小野田を演じる香川照之は、単なる悪役という枠を超えた『半沢直樹』以降の日曜劇場の看板とでも言う存在だ。リアルな中年男性を演じても充分うまい俳優なのだが、この日曜劇場に悪役として出演する時の香川照之の演技はケレン味たっぷりで、組織の闇を象徴する怪物として香坂たちの前に立ちはだかる。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《成馬零一/ドラマ評論家》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る