近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入/マナーセントラルパーク

海外進出 ニュース

完成予想図
完成予想図 全 3 枚 拡大写真
【ベトナム】近鉄不動産(大阪市天王寺区)は10日、三菱商事とベトナムの不動産デベロッパー大手ビテクスコがハノイで推進中の分譲住宅開発事業に参画すると発表した。近鉄不動産が海外で住宅開発に参画するのは初めて。

 三菱商事、近鉄不動産、関電不動産開発(大阪市北区)の3社が出資する投資会社が現地の合弁会社に出資する。

 建設地はハノイ中心部から南西に約8キロのホアンマイ区。ビテクスコが進める住宅、商業施設、オフィス、学校、スポーツ施設などからなる大規模複合開発事業「マナーセントラルパーク」の第1期開発として、低層棟240戸(敷地面積2万1109平方メートル、建物面積7万8852平方メートル)、高層棟2棟874戸(敷地面積7644平方メートル、建物面積6万843平方メートル)を開発する。2018年に低層棟、2021年に高層棟の1棟目が竣工する予定。

 「マナーセントラルパーク」は計画面積が90ヘクタールに上り、ベトナム政府が一体整備する公園(100ヘクタール)を加えると、ハノイ最大の不動産開発事業となる。このうち分譲住宅は合弁会社が開発する第1期を含め、低層棟約1000戸、高層棟約7700戸(17棟)を計画している。

近鉄不動産、ハノイのマンション開発に参入

《newsclip》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る