渋谷区、ICT教育システムにNTTドコモのLTE回線を採用

IT業務効率 ニュース

「渋谷区モデル」イメージ
「渋谷区モデル」イメージ 全 2 枚 拡大写真
 NTTドコモは9月1日、渋谷区教育委員会が推進する渋谷区ICT教育システム「渋谷区モデル」にNTTドコモのLTE回線が採用されたことを発表した。9月より渋谷区内の全小中学校の児童生徒と教師の約8,800人が利用を開始する。

 NTTドコモは、2016年5月より2017年3月まで渋谷区内の小学5年生を対象にドコモのLTE回線を内蔵したタブレット端末と、クラウド上で利用する学習ツールを活用する「渋谷区モデル」の有用性について、放送大学中川教授の監修のもと、共同実証を行ってきた。

 共同実証では、児童生徒の学習意欲の向上や、教師と児童生徒のコミュニケーション時間や学力の向上、児童生徒のICTリテラシーの向上などの効果が確認できた。また、モバイルネットワークの有用性やNTTドコモのLTE回線の品質が評価されたという。

 渋谷区教育委員会は、渋谷区ICT教育システム「渋谷区モデル」にNTTドコモのLTE回線を採用し、9月より渋谷区内の全小中学校の児童生徒と教師の約8,800人が利用を開始する。

《工藤めぐみ》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る