豊田通商が東南アジアのライドシェア大手、グラブに資本参加

海外進出 ニュース

グラブ社の配車アプリ
グラブ社の配車アプリ 全 2 枚 拡大写真
豊田通商は、新たなモビリティサービス領域における協業推進を目的に、グラブに出資したと発表した。

デジタル技術の発達やスマートフォンなどのモバイルデバイスの普及で、カーシェアリングやタクシー配車サービス、ライドシェアが多くの国・地域で急速に発展している。東南アジア各国でも、公共交通インフラの未整備を背景に、新しい移動サービスが急拡大している。

グラブは、2012年に創業した東南アジア最大のオンデマンド配車、モバイルペイメントサービス会社。東南アジア7カ国87都市のタクシー・自家用車・バイクに配車サービスのプラットフォームを提供、1日当たり乗車数は300万人に達している。

これら地域でのタクシー会社以外の企業が提供する配車サービスの95%、自家用車両配車サービスの72%のシェアを占めている。同社アプリのダウンロード数は5500万件、登録ドライバーは120万人に上る。

豊田通商は東南アジア各国で、自動車販売・サービス、テレマティクスなどの自動車関連事業を展開している。今回、グラブに出資して同地域での新たなモビリティサービス領域における戦略的協業を推進する。コネクテッド、フリート車両の供給、保険などの領域で、今後具体的な協業内容を詰めていく。

グラブはトヨタ自動車とも配車サービス領域での協業することで合意している。

豊田通商では2017年4月に、次世代自動車に関連したビジネスを開発・推進するための体制を整備し、全社横断の専門組織「ネクストモビリティ推進部」を新設した。また、様々な分野で革新的技術・商品・サービスに対して機動的に投資し、市場を開拓するために「ネクストテクノロジーファンド」を設立し、ファンド業務を行う「ネクストテクノロジーファンド推進室」を設置した。

今回のグラブへの出資は、「ネクストテクノロジーファンド」の第1号案件となる。

豊田通商が東南アジアのライドシェア大手、グラブに資本参加…トヨタ自動車も協業

《レスポンス編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る