アジア圏の若者世代の動向を注視せよ!/インバウンド・観光ビジネス総合展

イベント イベント・セミナー

株式会社ランドリーム代表取締役(前トリップアドバイザー代表)原田 劉 静織氏
株式会社ランドリーム代表取締役(前トリップアドバイザー代表)原田 劉 静織氏 全 2 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼アジア圏の訪日客の動向を注視すること。中国は今後も増加する
▼アジア圏の若い世代のトレンドをおさえること。彼らが欲しいものを提供すること
▼情報はちゃんと訪日客に届いているのか? SNSや口コミの効果を再確認すること

 観光ビジネスを支援する企業や団体が多数出展する世界最大級の旅行イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」が、2017年9月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された。

 今回、特筆されるのは、日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」が、「ツーリズムEXPOジャパン2017」内のフェアinフェアとして初開催(主催:ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社)されたことだ。

 HANJO HANJOでは、「インバウンド・観光ビジネス総合展」で何が語られたのかに注目し、複数のセミナーから重要なテーマやワードを抽出。今後のインバウンドビジネスや地域創生プロジェクトに向けての課題や問題解決の手がかりとなるような特集を構成する。

 第二回目は9月21日に行われたセミナー『「インバウンドベンチャー最前線!」第1部 観光大国を目指す日本の近道』~ランドリーム代表取締役(前トリップアドバイザー代表)原田 劉 静織氏~より、日本が観光大国を目指すために必要なポイント、そして今後も増え続けるアジア圏のインバウンド客の対策についての要約をお届けする。


■アジア圏の潜在的な海外旅行者は5億4000万人

 セミナーの冒頭、原田氏は「5億4000万人」という数字を挙げた。2030年に全世界の海外旅行者数が18億人に達し、そのうち約1/3にあたる5億4000万人がアジア圏から世界各国へ旅行するのだという。見方を変えれば日本の周辺には潜在的な海外旅行者が5億4000万人いるということになる。

 現在の訪日外国人は中国・韓国・台湾とほとんどがアジア圏で占めている。一つの例として中国を中心に約3000km(飛行機で2時間半)の円を描いてみると、東南アジアから日本までがその円の範囲に入る。その円の中で旅行先を選ぶとなると暑い東南アジアよりも四季が楽しめる日本が一番の観光大国になるというわけだ。これは韓国や台湾から見ても同じことが言える。

 また2022年に中国での冬季オリンピック開催が決まったこともあり、中国ではウィンタースポーツがブームとなっている。彼らからするとウィンタースポーツをやるときに飛行機を使って3時間以内に行ける場所となると日本が一番の候補地となるのだ。

 中国の海外旅行者数は現在総人口の約10%、そのうち日本に来ているのは4%ほど。しかし、2017年のダボス会議において習近平国家主席が「今後5年で海外旅行者数を7億人にする」と発言したことで大きな変化が生まれている。5年後の中国の人口は15億人に達するという見通しがあり、海外旅行者数7億人は人口の46%にも及ぶ。その中から10%でも日本に来てもらえるようになれば訪日中国人は7000万人となり、2030年に訪日外国人が1億人を突破することも夢ではない、と原田氏は話す。

 ただし現状の訪日外国人2000万人という数字から、5倍の1億人に増やすためには日本の産業や文化、インバウンドを受け入れるための準備が必要だ。それをこの5年間で戦略的に整備していかなくてはならない、と原田氏は強調する。


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る