訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

インバウンド・地域活性 コラム

日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」。「インバウンドベンチャー最前線!」と題されたセミナーには多数の観客が集まった
日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」。「インバウンドベンチャー最前線!」と題されたセミナーには多数の観客が集まった 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼訪日客が多い街で彼らが何に困っているかを直接リサーチする
▼外国と日本ではスマホやカードなど使い方が異なるものがある。その差を埋めるサービスに見込みあり
▼訪日客の悩み解決サービスはビジネスを生むチャンス


 観光ビジネスを支援する企業や団体が多数出展する世界最大級の旅行イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」が、2017年9月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された。

 今回、特筆されるのは、日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」が、「ツーリズムEXPOジャパン2017」内のフェアinフェアとして初開催(主催:ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社)されたことだ。

 HANJO HANJOでは、「インバウンド・観光ビジネス総合展」で何が語られたのかに注目し、複数のセミナーから重要なテーマやワードを抽出。今後のインバウンドビジネスや地域創生プロジェクトに向けての課題や問題解決の手がかりとなるような特集を構成する。

 第三回は9月21日に行われたセミナー『「インバウンドベンチャー最前線!」第2部 導入急増中!訪日外国人であふれる街での課題に応える新サービス』~講師:ecbo(エクボ)株式会社 代表取締役社長 工藤慎一氏、株式会社ポケットチェンジ代表取締役 松居健太氏、モデレーター:アソビュー株式会社 代表取締役社長 山野智久氏~より、訪日外国人が来日時に抱える課題を解決するためのサービス事例を紹介する。

■店舗の空きスペースを有効活用する「Ecbo cloak」

 まず始めにecbo株式会社の提供するサービス「Ecbo cloak(エクボクローク)」について工藤氏より説明があった。

「Ecbo cloak」とは2017年1月にスタートしたコインロッカー代わりにカフェやカラオケの空きスペースに荷物を預けることができるサービス。具体的には荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースのある店舗とのマッチングサービスを行っており、現在は全国1000ヶ所でサービス展開している。

 そもそも「Ecbo cloak」のきっかけは、工藤氏が渋谷を歩いているときに訪日外国人に「スーツケースが入るコインロッカーはないか」と尋ねられたことからだった。渋谷のコインロッカーは約1400個、そのうちスーツケースが入るロッカーは90個ほどしかない。コインロッカーを増やそうにもスペースがなくコストもかかる。これ以上ロッカーを増やすことは難しいということに気付いた工藤氏が、カフェの空きスペースで荷物預かりをできたら面白いのでは、というところから「Ecbo cloak」がスタートしたのだという。

■外貨を電子マネーに交換する「ポケットチェンジ」

 次に株式会社ポケットチェンジの松井氏が外貨を電子マネーに交換するサービス「ポケットチェンジ」について説明。

 海外旅行に出かけるとどうしても余ってしまう外貨の小銭や小額紙幣。特に小銭は銀行で両替取扱をしないケースがほとんどであり、また小額紙幣もわざわざ手続きをしてまで両替することが煩わしく感じる人が多い。これらの外貨は日本においても年間2~3億円もの“外貨建てタンス預金”となっており、世界的にみると10兆円を超える額にも及ぶという。

 このことに目をつけた松居氏は外貨を各国の電子マネーに交換できる端末を空港等に設置するサービス「ポケットチェンジ」を2017年2月に開始。海外から帰国した日本人だけでなく、訪日外国人の利用者数も増加しており、特に電子マネーが広く普及している中国の利用者が多いという。現時点では東京・関西・福岡の主要空港に5台設置されているが、年内にはほぼ全国に近い形で数十台の設置を見込んでいる。

 外貨の課題自体は以前よりあった課題であるが、手をつける人がほとんどいなかった。松居氏は「これは世の中の解決すべき問題なのでは?」と疑問を抱き、あえてそこを取りに行ったのだという。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る