時事エッセイ/配送サービス、「急ぎません」は可能か?

制度・ビジネスチャンス ニュース

画像はイメージ
画像はイメージ 全 1 枚 拡大写真
 ファッションのネット通販サイト「ロコンド」が、「急ぎません。」便と名付けた配送サービスを導入して話題になっている▼客が特段急いでいないにもかかわらず当日や翌日に商品を届けるという過剰サービスを見直し、「急ぎません。」を選んだ客には送料を値引きするという。送料をまけてくれるならとこちらを選ぶ客は多いと伝えられる▼買った物は一刻も早く手にしたい-。時と場合によるだろうが、そうしたニーズが絶対ではないことは、少し冷静に考えれば分かることではある。ネット通販の利用者急増で当日・翌日配達は宅配便業者を疲弊させる一因にもなっている▼さて建設工事はどうだろう。「急ぎません」などと悠長に構えてくれるお施主さんはいるだろうか。建設現場の週休2日導入や長時間労働の是正で大きなネックになるものの一つが「工期」である▼先週の本紙の連載「改革-建設業の造り方」に「『○月×日までに造っていただきたい』。民間の得意先からの依頼に社内が困惑している」と業界の現状が紹介されていた。早期完成・工期厳守も建設業の美点。働き方改革の難しさを改めて思う。

回転窓/「急ぎません」は可能か

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る