「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

インバウンド・地域活性 コラム

「単にインバウンドというだけではそれほど儲からない」という問題提起が投げかけられた今回の討論会。「グローバル視点」や得意分野に特化しながら他社と協力し合う「オールジャパン」の必要性が語られた
「単にインバウンドというだけではそれほど儲からない」という問題提起が投げかけられた今回の討論会。「グローバル視点」や得意分野に特化しながら他社と協力し合う「オールジャパン」の必要性が語られた 全 3 枚 拡大写真
【記事のポイント】
▼単にインバウンドというだけではベンチャー企業は儲からない
▼グローバル視点、例えば「アジアのなかでのジャパン」という考えが必要
▼得意分野に特化しながら他社と協力し合う「オールジャパン」体制が求められている


 観光ビジネスを支援する企業や団体が多数出展する世界最大級の旅行イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」が、2017年9月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された。

 今回、特筆されるのは、日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」が、「ツーリズムEXPOジャパン2017」内のフェアinフェアとして初開催(主催:ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社)されたことだ。

 HANJO HANJOでは、「インバウンド・観光ビジネス総合展」で何が語られたのかに注目し、複数のセミナーから重要なテーマやワードを抽出。今後のインバウンドビジネスや地域創生プロジェクトに向けての課題や問題解決の手がかりとなるような特集を構成する。

 第五回は9月21日に行われたセミナー『「インバウンドベンチャー最前線!」第4部 進化する日本のおもてなし!訪日外国人の満足度とは』~講師:株式会社フリープラス 代表取締役社長 須田 健太郎氏、株式会社MATCHA 代表取締役社長 青木 優氏、株式会社Huber. 代表取締役CEO 紀陸 武史(キロクタケシ)氏、モデレーター:バリューマネジメント株式会社 代表取締役 他力野 淳氏~より、ベンチャー企業から見たインバウンドビジネスの未来を考える。

■インバウンドベンチャー企業、そのユニークなプロフィール

 まず登壇した講師陣各社のサービスについてその概要を紹介しておこう。

 フリープラスの事業は大きく分けて3つ。ひとつは海外30カ国550の旅行会社と取引を行い、年間約4000ツアーを取り扱う訪日旅行事業。二つ目は地方自治体や日本企業に向けたプロモーションやリサーチを手がける観光立国推進事業。三つ目は2017年4月よりインバウンドに特化した宿泊事業。特に宿泊事業は未経験からの参入にも関わらず稼働率95%が15日以上という業績を上げているという。

 MATHCA(マッチャ)は訪日外国人観光客向けの情報発信メディアを運営する会社だ。月間150万人もの読者がおり、まだ知られていない日本各地の情報や魅力を海外に発信しているほか、サイト制作なども手がけている。

 Huber.(ハバー)は地元の大学生や英語を学びたいと思っている人、国際交流をしたいと思っている人を地域のガイドとして、訪日外国人旅行者とマッチングするサービスを手がけている。現在はベータ版として札幌と東京、鎌倉、京都、別府でサービス展開しており、10月より正式にサービスインする。

■ベンチャーから見たインバウンド産業のトレンドとは?

 現在のインバウンド産業におけるトレンドについて、紀陸氏は「トレンドとしてFIT(個人旅行者)が増えている。リピーターをどうやって増やしていくか、その地域にとって良い外客の方にどうタッチしていくのかが今の日本に求められていることだと思います」と発言。

 実際にガイドマッチングをやってみた経験から、訪日外国人が地域や街を好きになるのはそこに住む人を通じてだという。観光名所などの表面的なものを見て回ってもあまり印象には残らないが、地域の住人と接点ができ、地域にシンパシーを感じることで「もう一度来たい」と思わせることができるということだ。

 須田氏は最近始めた宿泊業について、近年のホテル開発や民泊の増加により宿泊施設が過剰供給され、すでに価格崩壊が始まっていることを指摘。フリープラスでは旅行事業も展開しているため、それを集客チャネルとし自社ホテルに送客することで稼働率を担保する仕組みを作っているという。一見すると儲かりそうな宿泊業だが、このように集客・送客の仕組みを作っておかないと苦戦することは想像に難くないだろう。

 情報サイトを運営する青木氏は、最近の傾向としてそれほど有名ではないスポットであっても、その場所や物にストーリーがあるとシェアされたり行動につながることが多くなってきており、今後の情報発信の仕方も徐々に変わっていくだろうと分析する。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る