トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

海外進出 ニュース

店舗イメージ
店舗イメージ 全 5 枚 拡大写真
【ミャンマー】焼鳥店「とりどーる」、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(神戸市)は16日、ミャンマーに合弁会社を設立し、10月下旬にヌードルショップ「ボートヌードル」のミャンマー1号店をヤンゴンに出店すると発表した。

 トリドールのミャンマー進出は初めて。

 「ボートヌードル」はタイの水上マーケットで働く人たちが日常的に船の上で食べていた小さなスープヌードルがルーツ。船上で手軽に食べられるサイズのヌードルを日本の回転ずしの要領で、自分が食べたい分注文し、食べ終わった器を積み上げながら食べ進める。食べる量と支払い額を調整しやすいことが特徴で、1杯650チャット(約50円)から提供する予定。

 多くの日本企業が苦戦している消費力の弱い新興国で通用する新たな事業スキームを作り出し、今後の世界展開に生かす。

トリドール、ミャンマーにヌードルショップ

《newsclip》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る