「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 1~まちはチームだ~

おもてなし規格認証 コラム

「暮らしやすい街」として人気を集める北九州。北九州の魅力や潜在性は、飲食、観光、旅客などのサービス事業者にとってビジネスチャンスとなることは間違いない。そのカギを握るのが「おもてなし規格認証」だ
「暮らしやすい街」として人気を集める北九州。北九州の魅力や潜在性は、飲食、観光、旅客などのサービス事業者にとってビジネスチャンスとなることは間違いない。そのカギを握るのが「おもてなし規格認証」だ 全 4 枚 拡大写真
 全国各地で、「おもてなし規格認証」のムーブメントが始まっています。これまでなかなか評価しづらかった「サービスの品質」を「見える化」することで、サービスにかかわる企業(事業所)の方々のやる気や活力につながっているのがその理由です。「おもてなし規格認証に取り組み、お店をよくして商売繁盛につなげたい」「おもてなし規格認証をうまく使って、地方創生の起爆剤としたい」。そう語る地域のサービス事業者たちが日ごとに増えています。
 シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」では、おもてなし規格認証で「変わる」地域と会社(事業所)をピックアップ。その「変わる」現場を、リポートします。

★シリーズ1:北九州編 1~まちはチームだ~

 このところ「暮らしやすい街」として人気を集める北九州。本州と九州の接点に位置する北九州は交通アクセスもよく都市機能も充実しているため、国内の観光客や移住者だけでなくインバウンドなどでも今後の成長が見込まれている。2019年にはラグビーW杯ウェールズの合宿地にも決まっていることから、スポーツツーリズムでの観光ビジネスも期待されている。

 これら北九州のもつ魅力や潜在性は、飲食、観光、旅客などのサービス事業者にとってビジネスチャンスとなることは間違いないだろう。お客様が街を訪れ、一方では地域にサービス業に関連するビジネスや雇用が生まれる。外部からの視点はサービスの向上を促し、そこで評価を得ることで事業者/従業員の意欲はさらに高みを目指すことになる。タクシーがホテルや飲食店にお客様を案内するように、サービス業はともに関わりあっているので、その連携が地域全体としての「ビジネス力」を上げていくことにもつながっていく。この流れを生むカギを握るのがおもてなし規格認証だ。

 では北九州ではおもてなし規格認証はどのように活用されているのだろうか? 北九州地域でのおもてなし規格認証支援を行う一般社団法人「まちはチームだ」の中川康文さんと岡浩平さんに話を聞いた。


■おもてなし規格認証の先にある「事業成長」

ーー「まちはチームだ」はおもてなし規格認証の支援事業者ですが、具体的にはどういう活動をされているのでしょうか?

中川 「まちはチームだ」は、九州地域の認証機関である一般社団法人「OSTi」の認証支援事業者として北九州エリアで活動しています。おもてなし規格認証の審査・登録を行うことのほかに広報なども行っています。たとえばウェブメディア「キタキュウピープル」ではおもてなし認証を取得した事業者にインタビューを行い、彼らのひととなりや事業への想いを記事にして紹介しています。

「まちはチームだ」はもともと、地域に貢献する新しいスタイルの一般社団法人として立ち上がった組織なんです。人と人をつなげるためにどんな方法があるのかを模索するなかで出会ったのが、おもてなし規格認証だったんです。

岡 僕たちが立ち上げたプロジェクトのひとつに「まちの力(チカラ)」があります。これはサービス事業者を応援するプロジェクトだったんですが、このコンセプトがおもてなし規格認証の考え方と非常にマッチするということに気がついて、おもてなし規格認証支援が始まったんです。

まちのチカラプロジェクトには3つの軸があります。「ひとを繋ぐ交流の場」、「ひとを繋ぐメディア」、そして「ひとを繋ぐ信頼」です。交流の場は「創生塾」という地域コミュニティでの学びの機会、メディアはキタキュウピープル、そして信頼のところに入るのがおもてなし規格認証です。

ーー認証機関は地域ごとに特色がありますが、北九州地域のおもてなし規格認証の目指すところを教えてください。

中川 地域の人とつながり、対話し、その地域のあるべき姿を描き実現することを大切にしています。おもてなし規格認証取得のその先の「事業成長」や実際にビジネスを生み出すことに重点を置いています。

岡 10月21~22日に開催する「北九州フードフェスティバル」は僕たちが関わってきたイベントなんですが、北九州の飲食業の皆さんに参加してもらうことで、ビジネス成長や地域貢献を実感してもらえるのではと思っています。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る