三菱倉庫、ジャカルタ郊外に配送センター開業/セントラルキッチン、サテライトオフィスも

海外進出 ニュース

 
  全 1 枚 拡大写真
【インドネシア】三菱倉庫は13日、インドネシア法人のインドネシア三菱倉庫が同国西ジャワ州ブカシ県のMM2100工業団地に建設した配送センターが開業したと発表した。

 敷地面積約16万9800平方メートル、延床面積約1万8000平方メートル。定温庫、冷蔵庫、冷凍庫を備え、食品などの温度管理物流に対応する。食品の加工、調理が可能なセントラルキッチン、サテライトオフィスとして利用可能な事務所スペースを併設。今後、配送センターの敷地内に食品・日用品などの工場建物を建設し、賃貸する。

三菱倉庫、ジャカルタ郊外の配送センター開業

《newsclip》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る