卵の白身をメレンゲ状に! ふわふわ卵かけご飯ができる製品/タカラトミーアーツ

制度・ビジネスチャンス ニュース

卵の白身をメレンゲ状に! ふわふわ卵かけご飯ができる製品/タカラトミーアーツ
卵の白身をメレンゲ状に! ふわふわ卵かけご飯ができる製品/タカラトミーアーツ 全 2 枚 拡大写真
 いつもの卵かけご飯を極上の食感に――。食卓向け玩具に力を入れるタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、鶏卵の白身をメレンゲ状に泡立てて、ふんわりした食感の卵かけご飯に仕上げる商品を発売した。ぜいたくな食事を楽しめると話題を呼んでいる。

 商品名は「究極のTKG」(3500円、税別)で、10月下旬に発売。殻付きの卵を設置し、ボタンを押すと自動的に白身と黄身が分かれる仕組み。メレンゲ状になるよう泡立てた白身をご飯に盛り付け、その上に黄身を乗せて仕上げる。所要時間は5分。

 白身を泡立てる時間を調節し好みの食感を演出したり、ネギやしらすなどをトッピングしたりして独自メニューを作ることも提案する。

 「TKG」を意味する卵かけご飯は、外食専門店や専用のしょうゆが開発されるなど人気を呼ぶ。こうした消費動向を背景に、身近な食材を新しい形で楽しんでもらう狙いだ。玩具専門店に限らず、大手雑貨店や家電量販店でも紹介され、同社は「メインターゲットは大人だが、子どものいる家庭でも楽しんでほしい。新しい食べ方が、米や卵の消費拡大につながればうれしい」と話す。

白身をメレンゲ状に・・・ ふわふわ卵かけご飯 タカラトミーアーツ 発売

《日本農業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る