音楽の街、仙台にふさわしい音楽ホールとは?/検討懇話会が初会合

インバウンド・地域活性 ニュース

音楽の街、仙台にふさわしい音楽ホールとは?/検討懇話会が初会合
音楽の街、仙台にふさわしい音楽ホールとは?/検討懇話会が初会合 全 1 枚 拡大写真
 仙台市が整備を計画している音楽ホールの基本的考え方などを議論する「音楽ホール検討懇話会」の初会合が27日、市役所で開かれ、市側がクラシックや舞台芸術に対応した音楽堂や劇場など2000席を想定したホール機能の考え方などを示した。今後、ホールの機能や規模、立地条件などについて議論を進め、18年度末までに報告書をまとめる。懇話会の会長には日本大学理工学部の本杉省三特任教授が選ばれた。
 懇話会は学識者や音楽団体、経済界の関係者ら9人で構成。第1回会合では18年度にかけて6回程度会合を開くとともに、必要に応じて専門部会を設置することを確認した。
 冒頭のあいさつで郡和子市長は「仙台は音楽の街であり、市民の暮らしの中に息づいている。仙台にふさわしい音楽ホールはどういうものかをしっかり議論する必要がある。市民が集い奏で、さまざまな活動ができる音楽ホールについて率直な意見をいただきたい」と述べた。
 懇話会では、ホールの機能や施設構成、事業活動、管理・運営のあり方に加え、立地や整備手法の考え方などを議論する。ホールだけではない複合施設を想定し、練習・創作部門や文化部門、運営・協働部門のあり方も検討する。
 市では18年度末に報告書を受けた後、19年度以降に基本構想を策定する。その後は基本計画や設計作業などを進める。18年1月27日には「これからの仙台に望まれるホールと文化芸術振興」をテーマにシンポジウムを開き、今後の検討に役立てる。

仙台市/音楽ホール整備/検討懇話会が初会合、18年度末に報告書

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る