金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

インバウンド・地域活性 コラム

山口県の協力のもと、山口銀行が中心となって設立された「地域商社やまぐち株式会社」。取扱商品は「やまぐち三ツ星セレクション」としてブランド化される
山口県の協力のもと、山口銀行が中心となって設立された「地域商社やまぐち株式会社」。取扱商品は「やまぐち三ツ星セレクション」としてブランド化される 全 4 枚 拡大写真
 これまでの補助金の交付が、いわば一定の基準を満たしていた申請者に(財源の範囲内で)一律交付していたものから、事業の将来性や先見性なども考慮した、地元の金融機関による審査基準も加味した独自の補助金の交付システムが誕生することになるのだが、これがどれくらい有効に作用するのか? そしてまた、金融機関からの出向者で構成される事業会社がどれくらいリアルな事業を推進できるのか? これらの点にも注目していきたい。

==
<「地域商社やまぐち株式会社」会社概要>(※設立時の報道向け資料から抜粋)
・設立:平成29年10月2日
・代表者: 坪倉 昭雄(山口銀行からの出向)
・資本金:5,000万円
・株主構成
 株式会社山口フィナンシャルグループ 14.9%
 ベンチャーファンド 65.9%
 山口県内民間企業(6社) 19.2%
・従業員:4名
 県内商品開発担当1名、首都圏営業担当1名、経理2名
==


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
  1. «
  2. 1
  3. 2

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る