振興基金が「建設キャリアアップシステム」のチラシ作成、HPにも掲載

人材 ニュース

振興基金が「建設キャリアアップシステム」のチラシ作成、HPにも掲載
振興基金が「建設キャリアアップシステム」のチラシ作成、HPにも掲載 全 1 枚 拡大写真
 今秋に運用が始まる「建設キャリアアップシステム」の運営主体の建設業振興基金(内田俊一理事長)は、システムの概要を紹介するチラシを作成した。15日からホームページにPDF版をアップするほか、建設関係団体を通じて企業に配布する。今後も登録に関するチラシなど広報ツールを充実させて、システムの周知や普及活動に一層力を注ぐ。
 現場で働く技能者や事業者に積極的なシステム登録を呼び掛けるのが目的。今回作成した「システムの概要編」では、技能者一人一人に交付するIDカードを使って、就業履歴などを蓄積する運用イメージを図解。技能者の処遇改善や現場管理の効率化といった効果も説明している。
 登録開始から利用までのスケジュールや利用料も明記。国土交通省が検討しているシステムを活用した技能者の処遇改善策も紹介している。
 今後は「技能者の登録編」「事業者の登録編」「現場の登録編」とチラシをシリーズ化するほか、登録申請に関するパンフレットや手引も整備する。

振興基金/キャリアアップシステムのチラシ作成/概要紹介、HPにも掲載

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る