横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策

インバウンド・地域活性 ニュース

横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策
横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策 全 1 枚 拡大写真
 神奈川県横須賀市は観光振興策の一環で、市内のトンネルを紹介する「トンネルカード」を発行する。カードにはトンネルの写真とともに、所在地や特徴、歴史などを記載。22日から市内の飲食店10店舗で配布を開始する。自治体がトンネルをテーマとしたカードを発行するのは全国で初めてという。
 「日本一トンネルの多い街」と呼ばれる横須賀市には100カ所以上のトンネルが点在。そのうち、大正時代に造られた「船越隧道(ずいどう)」や東京湾唯一の無人島・猿島にあるトンネルなど10カ所を厳選し、製作した。
 カードは企画に賛同した飲食店10店舗で、トンネルをイメージした商品「トンネルグルメ」を購入すると入手できる。全種類を集めるとレアカードがもらえる。
 市の担当者によると、以前発行した市内のトンネルを紹介する「トンネルマップ」が好評だったことから、トンネルの観光資源としての魅力を認識し、カードの発行を決めたという。

神奈川県横須賀市/日本初のトンネルカード発行へ/1月22日から市内10店舗で配布

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る