平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場!

インバウンド・地域活性 ニュース

平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場!
平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場! 全 1 枚 拡大写真
 韓国・平昌冬季五輪に出場する地元出身選手を応援しようと、北海道下川町のうどん店、みなみ家が五輪マークをイメージした限定メニューを9日から売り出す。

 地元産小麦を使った「椎茸天うどん」「豚キムチうどん」など5種を小ぶりな器で並べ、「五輪うどん」と名付けた。スキージャンプ日本代表の葛西紀明、伊東大貴、伊藤有希の3選手を力づけるため、選手のジャンプ姿をかたどった昆布も入れた。

 9~25日に1日10食を980円で販売。店長の南匡和さん(39)は「うどんのように長いジャンプを見せてほしい」と期待する。(富永健太郎)

[活写] 粘りごし 長~~いジャンプを

《日本農業新聞》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る