第2回社歌コンテスト「編集長賞」受賞者インタビュー/K-STYLE HAIR STUDIO

イベント イベント・セミナー

「編集長賞」を受賞したK-STYLE HAIR STUDIO代表 加藤進介さん。社歌のタイトルは「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」。歌詞や映像から社員一人ひとりの物語が浮かび上がってくる
「編集長賞」を受賞したK-STYLE HAIR STUDIO代表 加藤進介さん。社歌のタイトルは「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」。歌詞や映像から社員一人ひとりの物語が浮かび上がってくる 全 3 枚 拡大写真
 HANJO HANJOが、中小企業を応援する取り組みの一環として開催している「中小企業 社歌コンテスト」。第2回では第1回を上回る数の企業・団体から社歌動画の応募があったことに加え、昨年より多くの読者の皆様に投票にご参加いただきました。コンテスト期間中には、テレビ局や新聞社をはじめ、継続的にメディア取材を受けるなど、社歌ムーブメントは一過性の流行ではなく、スタンダードになりつつあるように感じています。

 いくつかある作品賞の中でも社歌にまつわる素敵なエピソードから最も印象に残った会社に贈られるのが、今回から新しく設けられた「編集長賞」。社歌に込められたストーリーをいかに歌や動画に落とし込むかがポイントとなります。初めてとなる「編集長賞」を受賞した東京都のヘアサロン、K-STYLE HAIR STUDIOの「日本一愛し愛される理容室 ~K-STYLEの理念ソング~」は社員の物語を強く感じさせてくれる社歌でした。

 受賞を記念してK-STYLE HAIR STUDIO代表の加藤進介さんに社歌制作の裏側や理念に込められた思いなどについてお話をうかがいました。

==

――社歌コンテスト「編集長賞」の受賞おめでとうございます。社歌「理念ソング」を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

ありがとうございます。理容師はチームワークが大事であること、そしてK-STYLEの理念である「日本一愛し愛される理容室」に込めた思いを何か形に残したいと思ったことから、社歌の制作が始まりました。

――「日本一愛し愛される理容室」という理念にはどのような目的や意義が込められているのでしょうか?

まず社員を幸せにするということ。そして理容業界を盛り上げたいという思いや、理容を通してお客様に自信を持っていただきたい、お世話になった方々への恩返しをしたいという願いを込めています。

私たちの社歌はいわゆる「イメージソング」や「PRソング」ではなく、自分たちの理念や思いを共有する主に社内向けの歌です。ですから歌詞を作るにあたって社員一人ひとりの思いをヒアリングしたり、社員の親御さんやご家族からのメッセージを参照しました。できあがった歌詞を見たときは、家族のありがたさ、感謝や愛が反映されていて、思わず胸にこみ上げてくるものがありましたね。

――動画では、お店のある日比谷の風景から社員が働く姿へと場面が移り、それぞれの社員の歩んできた物語が浮かび上がってくるようです。「この広い東京でも私一人じゃない」という歌詞が印象に残ります。

K-STYLE HAIR STUDIOは地方出身の社員が多いのですが、東京で感じている孤独感を癒す仲間が一緒にいる、支えているよということを伝えたかったんです。

――映像と歌詞のバランスがよくできていると感心しました。社歌に対する社員のみなさんの反応はいかがですか?

動画が出来上がったときは少し照れ笑いでしたね(笑)。最初は社員が歌う予定ではなかったのですが、「ちょっと歌ってみようか」という感じから始め、最後にはみんなで歌うことになりました。

――お客様からも感想をいただいたとか。

お客様からは「(社員同士)仲良さそうだね」とコメントをいただきました。動画を見てくださっていること自体がうれしいですし、応援してくださっていることがとても励みになります。

――今後、会社として目標としていることはありますか?

今、働き方改革が話題になっています。理容業に限らずサービス業はグレーな部分もありますが、そんな中でもK-STYLE HAIR STUDIOはきちんとやっていきたい。例えば時短で働きたい人がいればそれに対応するシステムや環境を作ろうと考えています。理容師としての業務を維持しながら多様な働き方ができる環境を目指しています。それが社歌「理念ソング」にも込めたメッセージのひとつ「社員が幸せになる」につながると思っています。




width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめ

特集

PCサイトを見る